FC2ブログ
癒し 写真 音楽 季節

季節の中で ~ 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary ~
2002年からデジタル写真に音楽や詩、またFlashやJavaなどを組合せて、癒しを表現してきました。 自然と接して日々感じたことや撮影写真のことなどを綴って行きたいと思います。
2004.06.04~/ 現在の閲覧者数: 【MY BLOG TOP】【RSS】

映画 『半落ち』 のこと

写真など人気blogランキングへ 今日はどのくらいにいるかな
IMGP2757.jpg

 最近は、たまたま映画を観る事が多いです。
今夜の映画 『半落ち』 には色々考えさせられました。
元警部で最愛の妻を殺害した夫役の寺尾聡さんは、優しい時間と違う印象でした。
優しい時間の時は、やや虚ろな感じに映りますが、この映画では、守ろうとする人への凄みというか、奥の深さを感じました。
半落ちというタイトルの意味を、調べましたが、「はんおち」は警察用語で、容疑者が容疑を一部自供するも完全に自供してはいない状態を指すそうです。

 私も父の介護経験がありますから、判事役の吉岡秀隆さんの苦悩もよく伝わってきました。
「魂がなくなれば、命でなくなるのですか?たとえそうでもそれを裁く権利は誰にもない。」
この判事が、判決文を起案したことが最後の方でわかりました。
アルツハイマー病の妻に対し、夫役の寺尾聡さんの「壊れていく人間を見たくない。」や「人間としての魂が無くなって行く。」とか、確かに、現代医学での延命治療、人間としての尊厳など苦悩する気持ちは分ります。
しかし、番組の中での判決は厳しいものだったようです。
執行猶予はつきませんでした。
いくら本人が望もうとも、やはり殺人は殺人ということでした。
 妻の姉役の樹木希林さんが、妹をその夫役の寺尾聡さんに「押し付けていた。」や「私は…妹を殺してやることもできなかったんです。」との涙の発言もありました。
また、「妻は二度、息子を失っています。一度目は急性骨髄性白血病で、そして、二度目は亡くなった記憶もなくし・・・だから、もうこれ以上・・・息子のことのすべてを忘れてしまう・・・」と。
煮詰まっていたんでしょうね。
妻の日記が出てこなければ、すぐに首をくくる覚悟だったようです。
介護は、一人でするのは大変です。
私たち家族も当時、今は亡き父の延命治療の中で、思うことはありましたが、幸い母や姉妹で介護を分担できました。
それに父親らしい尊厳やユーモアを感じ、逆に励まされながら生きていました。
だから、番組の中での厳しい判決も頷けます。
「あなたは、介護保険をご存知ですか?」とか、渦中の人間には厳しい言葉です。

 そう、判事役の吉岡秀隆さんのお父さん役の井川比佐志さんも、アルツハイマー病でした。
そんな義理の父を介護する判事の奥さん役の奥貫薫さんの明るさが、明暗を深くしていました。
 この事件にかかわった刑事、検事、新聞記者、弁護士、裁判官の様々な反応に考えさせられました。
妻を嘱託殺人した後、自首までの空白の2日を巡って、警察内部が揺れました。
行った場所が東京の新宿歌舞伎町ということと元警部ということもあって、いったい何をしていたのか?
色々な憶測を呼んでしまいました。

 骨髄バンクのドナーである夫と妻が探し会いたがっていた患者(青年)とは、本来、会ってはいけないなどの規則は私は知りませんでした。
青年の「命をありがとう」の新聞記事と日記の中で、青年に命をつないでいることに喜びを感じていた妻の望みを叶えるために、夫は歌舞伎町のラーメン屋で働いている青年の消息を訪ねますが、会った事によるマスコミなどの騒ぎから、その青年を守るために黙秘を続けていました。
 (皮肉なことに)妻の日記の存在が、夫に命の大切さを伝えたのかとも思います。
裁判の後、護送車の中から青年の姿が見えました。
青年の意志と感じましたが、刑事と運転手の配慮でした。
青年の口からは、「生きて下さい。」の言葉が発せられました。

 ドナーでいられる期限である50歳を超えても、生きていて欲しいです。

 それから、私の守りたい人は・・・。

 寺尾聡(元警部)、原田美枝子(妻)、柴田恭兵(刑事)、吉岡秀隆(判事)、樹木希林(妻の姉)、鶴田真由(新聞記者)、伊原剛志(検事)、國村隼(弁護士)、高島礼子(弁護士の妻)、石橋蓮司(刑事の上司)、井川比佐志(判事の父)、奥貫薫(判事の妻)、奈良岡朋子(夫婦の息子の主治医)、高橋一生(命の絆の青年)、西田敏行(検事の上司)、本田博太郎(裁判官)、嶋田久作(警察関係者)、斎藤洋介(警察関係者)、田辺誠一(新聞記者の上司)他

 「声」 ・・・ 全国東映系ロードショー 「半落ち」 主題歌 森山直太朗。

 今日の写真は、白木蓮(ハクモクレン)のマクロです。
スポンサーサイト



  1. 2005/03/23(水) 23:30:00|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:14