癒し 写真 音楽 季節

季節の中で ~ 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary ~
2002年からデジタル写真に音楽や詩、またFlashやJavaなどを組合せて、癒しを表現してきました。 自然と接して日々感じたことや撮影写真のことなどを綴って行きたいと思います。
2004.06.04~/ 現在の閲覧者数: 【MY BLOG TOP】【RSS】

母の緊急再入院 6日目

 今日は4月30日(火)で、お昼前まで雨が残りました。

 簡単に朝食を済ませました。

 母の漬け置きしていたパジャマと私の衣類を洗濯しながら入浴を済ませました。
取り敢えず、室内干しです。

 使っていなかった下の入れ歯をクリーニングして病院に持っていきました。

 11時45分位に、病院に向かいました。
言語聴覚士さんが来られて、母の昼食を食べる様子を観察されました。
母は、鶏のピカタはほとんど食べましたが、最後の一口を吐き出してしまいました。
キャベツは少しだけ食べました。
味噌汁も具はほとんど食べず、汁だけ半分位。

 午後は入院手続きと市役所の出張所、通勤で使用している駅下のスーパーで買い物(大根など)、神座で遅い
昼食を済ませて帰宅しました。

 夕方、Oさんが町会費(年額)、3,000円を集めに来られました。

 17時50分に病院へ。
母はサワラは、ほとんど食べましたが、三度豆は、一つだけ口に入れましたが、吐き出してしまいます。
桃のムースは、半分位。
明日の昼からか、刻み食をお願いしました。

 帰宅時に病院の近くの駅下のスーパーに寄りました。
発泡酒、ハグロと鯛のお造り、アジフライ2匹、コロッケ、高菜ごはん。

 長谷川式の認知症のテスト結果を探します。
リビングの片付けが続いています。

【手続き】
・入院手続きの書類の提出(1F)
 今回は連帯保証人を妹にお願いして、印鑑はサインです。
・要介護認定の再申請(市役所の出張所)
 事前に看護士さんには、先生にお伝え頂けるようにお願いしました。

【看護士さんへのお願い】
・軟菜食が続いていますが、キザミ食にして頂きました。

【看護士さんから】
・母の背中下の皮膚の荒れ
 先生にも言って頂けそうですが、軟膏を持っていこうかと思います。

【母への届け物】
・下の入れ歯
・ラジオ、イヤホン
・高菜の漬物

【持ち帰り】
・パジャマ(背中の下辺りに血が付いています)
スポンサーサイト
  1. 2013/04/30(火) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

母の緊急再入院 5日目


通勤で使っている駅の下のスーパーで、てんぷら、・・・を購入して帰宅、
会社の友人に電話して、双方の親(母)の病状などを話しました。


【明日への準備】
・母のパジャマの漬け置き。
・帰宅後、介護認定証探し。
 パソコンのテーブルの座布団の右側から見つかりました。


【気になったこと】
・夕食前に低血糖 60
 ブドウ糖?を与えたとのこと。
 夕食後の血糖値は、143
  1. 2013/04/29(月) 10:28:51|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

母の緊急再入院 4日目

 今日は4月28日(日)です。
朝9時過ぎに妹から電話を貰いました。
娘2人と一緒にお見舞いに来ようかとの相談でしたが、もう少し様子を見て貰うことにしました。

 今朝、母の入院中の履物について思い直して、昨日、探して家にあった
①足が入りやすく、踵(かかと)がやや低い靴(ベージュ)
②底がゴムで、踵が深い靴(黒)
③お風呂で使う長靴のようなもの(ベージュ)
を持って病院に向かいました。
看護士さんと相談し、①を使うこととし、②はロッカーに保管し、スリッパ、革靴は持って帰りました。
  1. 2013/04/28(日) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

母の緊急再入院 3日目

  1. 2013/04/27(土) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

母の緊急再入院 2日目

 昨日、入院の手続きや備品の準備をほぼ終えることができました。
ありがとうございました。

 本日、地域医療連携センターと先週行きました地域包括支援センターと今後想定されることに対する相談をすることになりました。
・ケアマネージャーさんの決定(以降相談、ケアプラン)
・施設、リハビリテーション病院、在宅ケアなどの目処付け
・要介護認定の見直し
など。

 GWで平日は30、1、2日ですので、早目に動いた方が良いとのことで、本日も有休です。

 以下、昨日のその後の状況です。
 MRIの結果、脳梗塞の再発が確定致しました。
前回と同じ箇所の血管とのことです。
画像などの分析結果では、失語症などの言語聴覚、右半身の麻痺は悪くなる方向とのことです。 (一般的にも2回目は悪くなる傾向)
前回無かった加齢による心房細動や不整脈による影響が今回は大きいようです。
引続きホルター心電図、心エコー、頸部エコー、血液検査などの予定です。
昼前から嘔吐もあり、肺に入らないように、また肺炎の併発に注意されています。
入院当初に比べると、お昼くらいから声掛けに対する反応は余りよくありませんでした。
また、転倒・落下がないように、ベッド周りの囲いを厳重にされました。
日常的に使う薬も、心房細動に対応した抗凝固薬に切り替えるかの説明もありました。
ただ、転倒などで怪我した場合など、大量出血のリスクが高まるとのことで、これもどうしようかと思っています。
(これまでは、抗血小板薬を服用してきました。)

 8年前と違って、脳梗塞に対する病院毎の役割がより明確化され、県立病院は、急性期の1~2週間、母の状態によりリハビリで、回復が期待できそうな場合は、回復期を担当されるリハビリテーション病院へ転院することになるとのことで、回復が期待できない場合は、どこか施設を探すか、在宅でケアできる体制・方法の相談になります。
今後に不安はありますが、どうして行けば良いかよく相談したいと思います。
  1. 2013/04/26(金) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

母の緊急再入院 初日

 ここ2週間、発熱、点滴(4/15、16)、帰宅したら床で倒れていた(4/17)、帰宅時まで起きれない(4/23)などの体調の不安定が続いておりました。

 標記の件ですが、本日(4/25木)の午前3~4時にトイレに行く途中で、へたり込んでしまい、右半身に麻痺症状があり、ややロレツが回らない症状が見られましたので、救急車で県立病院に入院致しました。

 5時前からCTなどの検査があり、脳に出血はなく、母の反応から脳梗塞(8年前)の再発と考えられるため、6時頃から先行して血液の抗凝固作用のあるヘパリンというものの点滴を開始されました。

 詳細はMRIが昼前後になるとのことです。
(胸に金属ワイヤーが入っていますが、8年前にMRIはとれていたとのことです。)
一旦、家に戻っておりますが、服用している薬や入院に必要なものを持って病院に戻ります。

  8年前に比べると、今回は嘔吐はなく、ロレツや右半身全体の麻痺は軽いように思います。
  1. 2013/04/25(木) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

母の発熱

 母ですが、本日も看護士さんが来られ、自宅での点滴が続きます。

 医師は、熱が下がり、自力で経口で飲水や食事ができ、現在はベッド横にポータブルトイレを置いていますが、トイレができるようになるまで、数日を目処に点滴を続けた方が良いとのことです。
脱水→体力消耗にならないようにとのことです。
風邪とも断定しにくいとのことで、昨日、往診時にされた血液検査の結果も聞きに行ってきます。

 長引かないことを祈っていますが、医師からは老人保健施設に入所して、リハビリ的な話もされました。
往診で医師や看護士には慣れて行って貰っていますが、母がヘルパーさんに来て貰う事に抵抗感があることをご存知なので、長い目で見てどうしていけば良いか、以前、介護ベッド導入時に、病院の近くの地域包括支援センターに行ったことはありますが、できれば住所地のセンターにも相談に行って来ようと思います。
  1. 2013/04/16(火) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0