癒し 写真 音楽 季節

季節の中で ~ 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary ~
2002年からデジタル写真に音楽や詩、またFlashやJavaなどを組合せて、癒しを表現してきました。 自然と接して日々感じたことや撮影写真のことなどを綴って行きたいと思います。
2004.06.04~/ 現在の閲覧者数: 【MY BLOG TOP】【RSS】

一山目を越えるところです

今週、母が回復期のリハビリテーション病院に転院する予定で、一山目を越えるところです。
日々、やはり健康が第一と感じています。
ご自愛下さいね。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/19(日) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

母の緊急再入院 15日目

【回復期リハビリテーション病院の医師から】
・心房細動があるので、抗血小板薬のバイアスピリンではなく、抗血液凝固薬のワッファリンを使用しないと、
 脳梗塞が再発すると言われました。
 脳出血のリスクや薬の量の調整の話もされました。
 服用は1日1回とのことです。
 勿論、転倒による怪我などでの大量出血のリスクもあります。
・要介護2になるのではとのこと。
 記憶障害、判断能力の低下など。 年齢、季節、年号などが言えなかったようです。 
 体のバランスが悪く歩行が不安定。 安全ベルトなどの話もされました。
 母の歩き方
・自宅での昼間の独居は、リスクがありますので、デイサービスの利用を薦められました。
・老人保健施設の待ちは、3ヶ月くらいとのことです。

【病院の見学から】



【理学療法士さんの言葉(入院して初めて)】
・母は腰がかなり曲がって歩いていますので、入院前からそうなのか確認されました。
 脊柱彎曲症、頚椎症?などもあり、40、50代からそうです。
・歩行器を使っても1mも歩けず、体力の衰えが見られます。
 連休が長かったせいもあるのでしょうか?
・片手手すりの所も両手で、真下を見て歩いているとのことです。

 今後、母が回復期リハビリテーション病院、その他、デイサービスなどでお世話になったとしても、
 その歩き方にびっくりされると思います。
 転倒を恐れられて、その対応を過度にされないか少し心配しています。

【母の変化】
・足の爪を切って頂いたようです。
・再び、リハビリパンツではなく、開くタイプのおむつに戻っていました。
 トイレに連れて行って気が付きましたが、夜に尿失禁が目立ち、交換がしやすいのでということでした。
 お昼は、尿意がありますし、トイレ誘導もありますので、パンツ型がしやすいですが・・・。
 兼ね合いが難しいですね。
・言語聴覚士さんに対し、ネガティブな反応・発言が見られました。
 (生き物の名前を言うのが苦手でした。 猫、犬・・・ )
  1. 2013/05/09(木) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

母の緊急再入院 12日目

お昼
乾燥した寝巻きを持って行きました。
残っていた「ゆかた」は持って帰りました。
今日は13:00過ぎからシーツの交換で、昨日に続き、トイレの後、デイルームに行ってみました。
13:50に病院から回復期リハビリテーション病院へ自分なりの下見をし、約25分かかりました。
病院の周りを一周し、受付へ、パンフレットと巡回バスの資料を頂いて帰りました。
帰り、ホームセンターで黄色のカラス除けネットを1,580円で購入しました。
コープで買い物をし、その場で遅めの昼食を済ませ、
もう一つの回復期リハビリテーション病院へ、病院の周りを自転車で一周し、中へ、資料が置かれていましたので頂いた後、10階に上がり病棟を一周させて頂きました。
スタッフがおられる所、廊下、病室、デイルームなど、雰囲気は掴めました。

夕方
昨日に続き、看護師さんから母は、ナースコールを押さないということを言われました。
昨日に続き、トイレの後、デイルームに行ってみました。
遠目のスーパーに2軒寄って帰宅しました。

【同級生の友と】
今回は、前回無かった加齢による心房細動や不整脈による影響が今回は大きかったようです。
この連休中に、抗凝固薬の点滴、ホルター心電図、心エコー、頸部エコー、血液検査などが続けられ、食事も普通食→軟菜食→特軟食→刻み食と様子を見ながらでしたが口から食事もできるようになってきました。
お箸やスプーンもまだ上手ではありませんが持つようになっています。
数字は元々間違えることが多いですが、意思疎通できる感覚は戻りつつあります。
今いる病院は急性期だけの対応ということで、回復期のリハビリテーション病院に転院する方向です。
2回目ということで、リハビリでどれだけ戻ってくれるかです。

母は失語もありますので、認知症との判別が難しいのですが、記憶の面で特に障害が顕著で、昨年の3月からその対応も始まっていました。
尿失禁などもあり、オムツの管理と防水シーツが汚れてしまう日もあり、洗濯などの対応を続けてきました。

会社の方は、会長、相談役、特別顧問の退任の検討などの話がネットや新聞に出始めましたね。
社員のモチベーションやスーテークホルダーに対する責任(けじめ)のためにも、その方がいいのかとも感じます。
ただ、銀行からの役員受け入れを含め、銀行よりの経営が加速されるような気もします。
5/14の決算発表、中期経営計画、そして株主総会の結果がどうなるかですね。

決断する場合、この時期が一つかもしれませんね。
 私は
・表現が難しいですが会社が今の形でなくなった時
・母を介護しながら仕事が続けられなくなった時
・母が亡くなった時
会社を辞めるか考えることになるかと思っています。

これまで、母はヘルパーさんなどにお世話になることに抵抗感を持ってきました。
母の回復次第ですが、お人好しかもしれませんが、会社が最期を迎えることになった場合、内部で見届けようかと思っています。

母と会社の回復の両睨みですが、また、明日から会社ですね。
  1. 2013/05/06(月) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

母の緊急再入院 11日目

朝からリビングの片付けを続けました。

会社の先輩からお電話を頂き、14:30頃に来られることになりました。
ほどなく、おむかえのおばあさんから、お見舞いのお電話を頂きました。

夕方
寝巻きにも使えそうな、黄色のTシャツと下はユニクロの灰色のフリースを持って行きました。
看護師さんから母は、ナースコールを押さないということを言われました。
ホルター心電図が外れ、身軽になったようです。
その代わり、体動コール うーご君の装着が開始されました。
トイレの後、デイルームに行ってみました。
  1. 2013/05/05(日) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

母の緊急再入院 10日目

お昼
寝巻き持ち帰り
14:00に回復期リハビリテーション病院へ下見。
病院へ10分で行けました。
事務の方とお会いできました。

シャワーをして頂いたようです。

夕方
車椅子でトイレへ。
寝巻き、バスタオル、タオル2枚持ち帰り。
[母の緊急再入院 10日目]の続きを読む
  1. 2013/05/04(土) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

母の緊急再入院 9日目

  1. 2013/05/03(金) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

母の緊急再入院 8日目

  1. 2013/05/02(木) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

母の緊急再入院 7日目

回復期リハビリテーション病院、病棟のある病院

尼崎中央病院
http://www.chuoukai.or.jp/

名取病院
http://www.natorihp.org/

おおくまセントラル病院
http://www.ookuma.or.jp/central/

西淀病院
http://www.yodokyo.or.jp/nishiyodo/

協和マリナホスピタル
http://www.kyowakai.com/mr/mr.htm

伊丹今井病院
http://www.seifuen.jp/

大阪暁明館病院
http://www.gyoumeikan.or.jp/

西宮敬愛会病院
http://www.nishi-keiai.or.jp/

西宮協立リハビリテーション病院
http://www.nk-hospital.or.jp/reha/
  1. 2013/05/01(水) 16:37:01|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0