癒し 写真 音楽 季節

季節の中で ~ 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary ~
2002年からデジタル写真に音楽や詩、またFlashやJavaなどを組合せて、癒しを表現してきました。 自然と接して日々感じたことや撮影写真のことなどを綴って行きたいと思います。
2004.06.04~/ 現在の閲覧者数: 【MY BLOG TOP】【RSS】

デジタル一眼レフカメラ「FinePix S5 Pro」を触ってきました

IMGP7965.jpg

 帰宅途中にヨドバシカメラに寄りました。
やや目立ちにくい位置でしたが、発売の前日ですが、2台のFinePix S5 Proが展示してありました。
正式版の分厚いカタログは、まだありませんでしたが、完全活用ガイドが棚の奥にあったので、すかさず貰って来ました。

 手触りは、やはりD200の時と同じように満足感がありました。
事前に雑誌の評価も読んでいましたので、確認できる内容は実際に試してみました。
やはり、ダイナミックレンジをスタンダード(STD)から変化させるとシャッタースピードは遅くなります。
1/8000秒でISO3200などにも設定しましたが、その変化は確実にありました。
カタログでのスペック通りと言ってしまえばそれまでですが、20万円を超えるカメラ(店頭では258000円の10%ポイント)ですから、ついつい連写もしたくなるというものです。
後気になったのは、どれだけ連続して撮るかですが、シャツターを押し続けていると、やはり8枚近くになると、止まったり、動作がトロトロになりますね。
これもカタログスペック通りかと思いますが、プロなどは気にされているんですね。
改善されたとは言え、更にバッファや処理速度の向上が望まれます。
尚、メモリーカードは入っていませんでしたので、雑誌に書かれていた書き込みや再生速度は未確認です。

 今だと、ペンタックスのK10Dと迷いますね。
K1Dの登場も待たれます。

 また、オリンピックイヤーを控えて、ニコン、キヤノン、オリンパス、ソニーなどからのフラグシップ機の更新や登場も待たれます。
例えば、ニコンだと・・・、D3H、D3X?
今年は、D200sは登場するかです。
D40の高感度時のノイズの少なさも聞かれますが、下克上されている点が反映されると楽しみです。
過去に取り上げられた、縦縞ノイズや睫毛ノイズと言われているものについても、改良されているか。


■【最新デジカメレビュー速報】富士フイルム「FinePix S5Pro」
 (詳細は後日)

■写真で見る 富士フイルム『FinePix S5 Pro』(デジカメWatch)
スポンサーサイト
  1. 2007/01/30(火) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ソニー デジタル一眼レフ「α100」とDT18-200mmF3.5-6.3セットとなる高倍率ズームレンズキット「DSLR-A100H」発表 | ホーム | 社内の試験結果・・・合格(内示)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoanthony.blog2.fc2.com/tb.php/1037-721a4940