癒し 写真 音楽 季節

季節の中で ~ 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary ~
2002年からデジタル写真に音楽や詩、またFlashやJavaなどを組合せて、癒しを表現してきました。 自然と接して日々感じたことや撮影写真のことなどを綴って行きたいと思います。
2004.06.04~/ 現在の閲覧者数: 【MY BLOG TOP】【RSS】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

シャチハタ ブラック11のキャップと補充インキ

 丁度、1週間前、帰宅途中に立ち寄った印鑑屋さん。
長年使ってきたシャチハタブラック11の別注品の印鑑のことで、相談しました。
キャップが無くなり、捺(お)しても薄い朱色になっています。
キャップは、売っているそうで、ただ在庫がなく、取り寄せて頂く事になっていましたが、届いており60円で購入しました。
補充用のインキも315円で合せて購入しました。

 いっそうのこと、ネーム9のシリーズでは、旧字体の印鑑が標準品として用意してあるので、それを買おうかと思っていましたが、これで、私の印鑑が来週は復活予定です。

 後日談ですが、捺(お)しても薄い朱色のままで、シャチハタにお電話し、吸蔵体の位置(結局、底の部分)などを確認し、それと合せて、セロハンテープ(手で接着力を弱めてから)で印面のクリーニングを薦められました。
それでもだめな場合は、メンテナンスが必要とのことです。
だいぶ濃くなりましたが、まだ、インキの量が足りないのかとも思いましたので、週末に更に1本補充しました。
明るくして、底の吸蔵体を見ていると、見る見るうちに、インキを吸い込みましたから、更に濃くなると期待していましたが、翌週、濃くなりました。

【参考】
・一晩おいたが、色が薄い原因
 A. 一般的には以下の原因が考えられます。
 (1)インキを使いすぎてインキ補充量が不十分
 (2)紙粉などによる印面の目詰まり
 (3)異種インキの補充
 (4)商品の寿命(ゴムは老化致しますと目詰まりを起こしインキを補充しても濃くならない場合があります。)
 (5)印面への糊などの付着物
 <回復方法について>
 (1)更にインキ補充をして頂き、印面を下にして一晩ほど様子を見てください。
 (2)紙粉などの除去につきましては印面に軽くセロテープをつけて掃除を して下さい。
  (粘着が強いと印面を傷つけますので、手で触って粘着力を落としてからご使用頂くと良いと思います。)
 ※(3)、(4)につきましては、回復は困難となります。
 (3)、(4)以外で使用頻度が少ない場合は、修理対応が可能な場合もあります。
 製品寿命につきましては通常の使用状況で7〜10年。
 なつ印回数で10万回ぐらいと考えられますが、使用状況、保管状況などに大きく影響されます。
・1回のインキ補充で、目安ですが3,000〜5,000回のなつ印が可能。
・染料インキは一般にインキの色を構成している粒子の大きさが顔料インキよりも小さいため、紙など
 に浸透しやすい性質があります。
 ですから、比較的乾きが早く、連続したなつ印に適しています。
 顔料インキはインキの色を構成している粒子が大きいため、顔料粒子がなつ印対象物の表面に乗っ
 ている状態で乾きますので、インキの色の発色が良く、乾けば耐水、耐光に優れています。
 
http://www.shachihata.co.jp/soudansitsu/ink/index.php#03
スポンサーサイト
  1. 2008/02/22(金) 23:00:00|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<強い風の中 母と通院 | ホーム | 価格.comプロダクトアワード2007 カメラ関連カテゴリ プロダクト大賞に「オリンパス E-3 ボディ」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoanthony.blog2.fc2.com/tb.php/1267-871123ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。