癒し 写真 音楽 季節

季節の中で ~ 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary ~
2002年からデジタル写真に音楽や詩、またFlashやJavaなどを組合せて、癒しを表現してきました。 自然と接して日々感じたことや撮影写真のことなどを綴って行きたいと思います。
2004.06.04~/ 現在の閲覧者数: 【MY BLOG TOP】【RSS】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ライカ 30×45mmサイズの37.5メガセンサーを搭載した本格派中判レンズ交換式デジタルAF一眼レフシステム「S2」発表

超大型 30×45mmの「ライカプロフォーマット」イメージセンサーを搭載したライカの新レンズ交換式デジタル一眼レフシステム「Sシステム」発表。
37.5メガの撮像素子を搭載したボディー「S2」を発表。

・従来の中判デジタル一眼レフよりも小型化。
・センサーサイズは30×45mmで、いわゆる35mm判フルサイズより面積で約60%広い。
 画素数は3,750万ピクセル。 撮像素子はコダック製。
・液晶モニターは3型46万ドット。
・最新画像処理エンジン搭載で処理を2倍高速化。
・上面には有機ELによる情報表示パネル。
・ボディは防塵防滴設計で金属製。 周りはしっとりしたラバーが被覆。
・最高シャッター速度は1/4,000秒。
・JPEGまたはDNGでの記録に対応。
・記録メディアはCFかSDメモリーカードをユーザーが選択可能。
・35mmSLRシステムからのアップグレードを考えるプロカメラマン向け。
・AFは測距点1点。
・駆動モーターはレンズ内。
・連写性能は1.5コマ/秒。
・国内での発売は来年夏頃。
・価格は未定。
・ダイヤルの横には有機ELディスプレイを装備。
 撮影モード、絞り値、シャッター速度、ISO感度などの情報を表示。
・背面左手側の上部にあるスイッチは、フォーカルプレーンシャッター(ボディにはFPSと表記)とレンズシャッター(同CS)の切替。
・交換レンズの一部にはレンズシャッターを備えているものがあり、ここでどちらのシャッターを使うかを選択可能。
・ホットシューの独自の接点は、オプションの専用クリップオンストロボのため。
・側面の端子カバー内にはHDMI端子を装備。
・バッテリーはリチウムイオン充電池。
 縦位置グリップで個数を拡張できる。
・縦位置グリップにはバッテリー増加と縦位置用のシャッターボタン、背面ダイヤル、シャッターボタンのロック以外の機能は非設置。
・上面右側のダイヤルはシャッター速度兼撮影モードダイヤル。
 「A」ポジションにすると絞り優先AE、そのまま背面のダイヤルを押し込むとプログラムオートに。
・「4S」~「4000」のポジションは、背面ダイヤルを押し込むたびに、シャッター速度優先またはマニュアルモードが切り替る。


レンズは9本で、超広角から超望遠、マクロやソフトレンズまでフルラインナップ。
ティルト&シフト機構を備えたものを含む。
マウントはバヨネット。
・Summarit-S 1:2.5/35mm ASPH. CS
・Summarit-S 1:2.5/70mm ASPH. CS
・APO-Macro Summarit-S 1:2.5/120mm CS
・APO-Elmar-S 1:3.5/180mm CS
・Elmarit-S 1:2.8/24mm ASPH.
・Summarit-S 1:2.5/100mm
・Elmar-S 1:3.5/30mm Tilt-Shit
・Vario-Elmar-S 1:3.5/30-90mm ASPH.
・APO-TELE-Elmarit-S 1:3.5/350mm


http://www.leica-camera.co.jp/photography/s_system/

http://www.s.leica-camera.com/
スポンサーサイト
  1. 2008/09/23(火) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<PowerShot Gシリーズ比較 | ホーム | シグマ 1,400万画素 (2,652×1,768×3層) レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「SD15」開発発表>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoanthony.blog2.fc2.com/tb.php/1422-59f3710e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。