癒し 写真 音楽 季節

季節の中で ~ 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary ~
2002年からデジタル写真に音楽や詩、またFlashやJavaなどを組合せて、癒しを表現してきました。 自然と接して日々感じたことや撮影写真のことなどを綴って行きたいと思います。
2004.06.04~/ 現在の閲覧者数: 【MY BLOG TOP】【RSS】

母と通院

 インフルエンザの予防接種の1,000円と合せて、1,300円でした。

健康診断で懸念される点
・下腹部に嚢胞性(のうほうせい)の腫瘤(しゅりゅう)があるとのこと。
 卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)かもしれないとのこと。但し、良性が多いとのこと。

 母は、体内に金属があるとのことで、MRIは使えないということでした。
 婦人科のエコーだったら見える可能性があるとのこと。

・尿素窒素(BUN) 22.1mg/dl (8.0~20.0) 腎疾患で増加します。

・カリウム(K)     5.1mEq/l (3.5~5.0)  電解質といい、生体内の代謝バランスを調整しています。
                             各疾患の病態に応じて増減します。


【増えた薬/今回処方して頂いた薬】
1.マドパー(抗パーキンソン剤)・・・朝食後1錠
  パーキンソン病(手足のふるえや筋肉のこわばり、動作がにぶいといった症状)に使います。

  パーキンソン病は、脳の中のドパミンという物質が不足して、ふるえ、筋肉のこわばり、
  運動障害などが起こる原因不明の病気です。
  この薬は、身体に入り脳に取り込まれてドパミンとなって不足を補い症状を改善します。
  他にはっきりした病気が原因としてあって、同様の症状を呈するものをパーキンソン症候群
  といい、やはりこの薬が用いられます。
  複合剤は、レボドパだけでは効果ない場合に用いられます。

  副作用など
  幻想,幻覚,興奮,抑うつ,吐き気,食欲不振などが起こることがあります。


【今回からなくなった薬】
食事から摂るということで、お願いしてなくして頂きました。
前回、処方して頂きましたが、薬を飲むのが大変そうでした。

1,アルシオドール(0.5)・・・朝食後1錠
  <ビタミンD3>
  カルシウムの吸収を高める作用があります。
  骨や歯が、弱っている時や、腎臓が悪い時に、用います。

2.アストスCA錠(200mg)・・・毎食後1錠
  骨粗鬆症、発育期、妊娠・授乳期におけるカルシウム補給に使います。

  骨粗鬆症のカルシウム補給、骨軟化症のカルシウム補給、授乳時のカルシウム補給、
  カルシウム血症のテタニーの改善、低カルシウム血症のテタニー関連症状の改善、
  妊娠時のカルシウム補給、発育期のカルシウム補給。


【従来からの薬】
1.ケタス(100mg)・・・毎食後1錠
  脳血管障害に対する作用:この薬は脳血管障害を改善することにより、自覚症状のめまいを改善します。
  通常、脳梗塞後遺症に伴う慢性脳循環障害によるめまいの治療に用いられます。
  気管支喘息に対する作用:この薬は気道炎症を抑制し、気道過敏症を改善します。
  通常気管支喘息の治療に用いられます。

2.パチュナ・・・毎食後1錠
  血を固まりにくくし、血栓を防止するとともに、血液の流れをよくします。

3.ラニラピッド(強心薬)・・・朝食後1/2錠
  心臓に働いて、心臓のポンプとしての力を強めます。
  心筋梗塞・狭心症・高血圧などによる心不全の治療に使います。

4.ランソプラゾール「アメル」cap・・・朝食後1錠
  胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することによって、
  胃酸の分泌を抑制し、胃・十二指腸潰瘍・逆流性食道炎などの症状をやわらげ治療します。
  ヘリコバクター・ピロリ除菌療法に用います。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/26(月) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ヨドバシカメラカード(P) 2009年1月27日 お支払分のご利用明細 19,323円 | ホーム | 2008年度第3四半期累計決算 注目企業の発表日程(1月27日─2月13日)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoanthony.blog2.fc2.com/tb.php/1538-10c61b2f