癒し 写真 音楽 季節

季節の中で ~ 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary ~
2002年からデジタル写真に音楽や詩、またFlashやJavaなどを組合せて、癒しを表現してきました。 自然と接して日々感じたことや撮影写真のことなどを綴って行きたいと思います。
2004.06.04~/ 現在の閲覧者数: 【MY BLOG TOP】【RSS】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エピデンドラム(Epidendrum)の購入

 初めて洋蘭(らん、ラン)を購入しました。
既に白い花が咲いています。
1,000円でした。
「五蘭塾」と書かれていました。
熊本県宇城(うき)市三角町の戸馳島(とばせじま)にある生産者グループだそうです。



エピデンドラム(Epidendrum) は、カトレアの近縁種(ラン科)で、春~夏にかけて花茎から沢山の色鮮やかな小花を咲かせる非耐寒性常緑多年草。
エピデンドラム(Epidendrum)のエピ(epi)は、「上に」を、デンドラム(dendrum)は「樹」を表す語か作られた合成語で、「樹上」、すなわち着生する種が多い。
エピデンドラム(Epidendrum)の葉は、肉厚があり、一列に互生して付き、多肉植物を思わせます。

一般名: エピデンドラム(Epidendrum)
学名:  Epidendrum(エピデンドラム)
別名:  Epidendrum orchid(エピデンドラム・オーキッド)、エピデンドルム、エピデンドロン
科属名: ラン科エピデンドラム属
原産産: 中南米
草丈:  30~300cm
花色:  朱 ・黄 ・紫 ・白・桃 (私は白を買いました)
花径:  1~2cm
開花期: 2~8月(不定期)

栽培のポイントのシートを貰いました。



エピデンドラム
原産地:中央~南アメリカの熱帯に分布する着生ラン。

*栽培のポイント*
低地性のものから高地性のものまで非常に多くの種類があり、花や草姿、性質も変化に富んでいます。
一般に出回っているタイプは、丈夫にものが多く、最低温度10℃を保てば、栽培も容易です。

【置き場所は?】
5月になり、最低温度が15℃を下回らなくなったら、戸外に出します。
夏は30~50%の遮光をして、葉焼けを防止します。
梅雨と秋の長雨には当てないように、軒下や室内に一時移動させます。
秋になり、最低気温が15℃を下回る頃になったら、室内に取り込み、レースのカーテン越しの日の当たる窓辺に置きます。
夜間の窓辺は温度が下がりますので、部屋の中央部など外気の影響を受けない場所に移動させます。

【水遣りは?】
4,5月は、植え込み材料が乾いたらたっぷり(週2~3回)、
夏は乾ききる前にたっぷり(1~2日に1回)、
秋は、乾いたらたっぷり(週2~3回)、
冬は乾かし気味(週1~2回)を目安に水遣りをします。

【肥料は?】
新芽や根が活発に動き出す5,6月に薄めの液肥を月2~3回か、固形の肥料を月1回施します。

【植え替え・株分けは?】
新芽が伸び始める春に行いますが、春・夏咲き種などは、秋に行います。



【整姿は?】
葉のない古い茎は、茶色くなったり、しなびていれば切り取る。
花が終わったら、花茎を根元から切る。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/05(木) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ファレノプシス(Phalaenopsis、胡蝶蘭、こちょうらん、コチョウラン)の購入 | ホーム | クレマチス 月宮殿(げっきゅうでん、ゲツキュウデン)の購入と植付け>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoanthony.blog2.fc2.com/tb.php/1544-e5bc4bb0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。