癒し 写真 音楽 季節

季節の中で ~ 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary ~
2002年からデジタル写真に音楽や詩、またFlashやJavaなどを組合せて、癒しを表現してきました。 自然と接して日々感じたことや撮影写真のことなどを綴って行きたいと思います。
2004.06.04~/ 現在の閲覧者数: 【MY BLOG TOP】【RSS】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

母と通院

 明け方、AM5:00前後だったか、母が家の中で方向が分からなくなって、私を呼んでいます。
こんなことは今までになかったことです。
明かりを点けて、暫く傍にいました。
元々、病院に行こうと思っていましたので、急遽、有休を取ることにし、AM8:00過ぎに当日予約ということで県立病院に私だけ並びました。
AM9:40に予約ができました。

 簡単に朝食を取って貰い、車椅子で病院に向かいました。

1.パーキンソン病かパーキンソン症候群について
  手足などの反復動作、言葉の反復、歩行、横になっての間接の状態など、時間をかけて診ておられました。
  県立病院での診断では、パーキンソン病ではないとの見解でした。
  言葉が出にくいのは、脳梗塞の時にも言われた失語症だということでした。

  ・頚椎(けいつい)症か・・・例えそうであっても、母の年齢から手術は難しい。
  ・水頭(すいとう)症か・・・薬はあるとのこと。
  ということで、入院(約2週間)か通院(約4週間)での検査ということでした。
  ただ、母の体内には金属があり、MRIが使えないということで、入院による集中的な検査の話はなくなりました。
  まずCTでの検査から徐々にということでした。

  母の日頃の様子では、何かの病気が発症したとか、悪化したとかいうことが感じられないため、
  このままにしているとどうなるのかを聞いてみました。
  余りはっきりとした説明がなかったのと、このまま様子を見るのも選択肢でしょうか?との話をしてみました。

  結果的に、そのまま様子を見ることにしました。

  通っていた病院で処方して頂いた、抗パーキンソンの薬も母に飲んでもらうことは止めています。

2.下腹部の嚢胞性(のうほうせい)の腫瘤(しゅりゅう)について
  AM11:00過ぎに、母を車椅子に乗せて、婦人科のある別の病院に向かいました。
  こちらは、予約なしです。

  超音波で子宮全体も診られましたが、右の卵巣の中に2~3cm位、水が溜まっているとのことです。
  10人に1~2人に見られるものとのことです。

  子宮ガンの検査もして頂きました。
  結果は、一週間後です。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/12(木) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ガスまわりの点検 | ホーム | 桜の購入>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoanthony.blog2.fc2.com/tb.php/1553-dcac3df9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。