癒し 写真 音楽 季節

季節の中で ~ 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary ~
2002年からデジタル写真に音楽や詩、またFlashやJavaなどを組合せて、癒しを表現してきました。 自然と接して日々感じたことや撮影写真のことなどを綴って行きたいと思います。
2004.06.04~/ 現在の閲覧者数: 【MY BLOG TOP】【RSS】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ラベンダー 再び

神戸ラベンダー(Lavender ‘Kobe’) 498円×2苗 996円
長崎ラベンダー 4号 990円

耐暑性があるそうです。
上手く夏越しさせたいと思います。
花が咲いて暫くしてから香りが強くなってきました^^。

神戸ラベンダー
開花期:5~7月
     10~11月は、条件によって開花。
株の高さ:40~60cm
株の間:80~100cm
暑さ寒さに強く、濃い紫色の花が咲くラベンダーです。
もともとは寒い地域の植物を、兵庫県で選抜した結果、暑さに耐えるようになりました。
●土はやや乾燥気味に保ち、風通しのよい環境で育てます。
●盛夏は半日影の涼しいところで育てましょう。
●肥料は控えめに。
 とくにチッ素分は控えめに与えます。
○目安は、その品種の花が終わってからすぐに刈り込みます。
 梅雨の真っ盛りや真夏は、株がもっとも蒸れて下葉が枯れ上がるので風通しよくすかし気味に剪定したり、大きくなると半分くらいに切り詰めます。
 神戸ラベンダー(ラベンダーヨウテイ神戸)は、花後、すぐに刈り込むと約2ヶ月後にもう一度花を咲かせます。
 何度も花を楽しめるのが特徴です。
 この品種は6月初旬に刈り込み、8月、上手く行くと10月中にと3回楽しめるのが特徴です。
○花が咲き終わった後に弱剪定します。
  そして、秋の深まる頃、地域にもよりますが、霜や雪が降る前に半分くらいに丸く強剪定します。
  そうすると、翌年には樹形の整った株に花を咲かせます。

神戸ラベンダーで楽しむ“香りの生活”
ラベンダーティー 花の穂から摘み取り、紅茶と混ぜ、熱湯を注ぎます。
           はちみつを入れると飲みやすくなります。

ラベンダーワイン 冷やしたワインにひとつまみ浮かべます。 

ラベンダーバス 花や茎を適当にきざんでガーゼなどの袋に入れ、湯船に浮かべます。

ラベンダーピロー ドライの花をガーゼなどの小袋に入れ、枕カバーの下に。
           安眠を誘います。

富良野ラベンダーと同じ物で暑さの厳しい神戸で10年掛けて作られた品種。
品種名「ようてい」



~長崎から優しい香りのプレゼント~
長崎ラベンダー
二季咲きタイプ
ジャパンフラワーセレクション受賞 JAPAN FLOWER SELECTIONS 2008-2009
花壇苗等部門
城南1号 農林水産省登録番号第13756号

特徴・・・暑さに強く初夏と秋の二度咲くイングリッシュ系
用途・・・鉢植え・花壇植え
開花期・・・5月~6月・9月~11月

-上手く育てるコツ-
・日光を非常に好みます。
・風通しが十分に良い場所に置いて下さい。
・花穂が垂れてきたら水を与えて下さい。
・開花終了後、花がらを切り取り、排水が十分に良い条件で植え替えて下さい。
・緩行効性肥料を与えて下さい。

●特徴
 ・暑さに強く、初夏(5~6月)と秋(9~11月)の二度咲くイングリッシュラベンダーです。
 ・1株でも大きく育ち、花茎の伸長が良く、花穂も長く、クラフト等でも楽しめます。
●用途
 ・鉢植え、花壇植え、加工でも楽しめます。
●鉢植えの育て方
 ・日当たりが良い場所に置き、花穂が垂れてきたらたっぷり水を与えますが、やり過ぎに注意して下さい。
 ・花が終わったら、花がらを速やかに取り除いて下さい(花穂にその下の葉を1対付けて切り取る)。
 ・早めに花壇に植えることをお勧めします。
 ・花壇がない場合は、大き目の鉢やプランターに植え替え(排水の良い用土を使用)、
  屋外の日当たりが良い場所に置いて下さい。
  ただし、鉢やプランター植えでは、花壇植えに比べ秋の開花が悪くなることがあります。
●花壇植えの育て方
 ・日当たりが良い場所を選んで下さい。(西日はできれば当たらない方が望ましいです。)
 ・排水が良く、風通しが良い場所を選んで下さい。
 ・排水改善を図るため、粒が大きい用土(日向ぼら土等)や落ち葉等を多目に投入し、
  石灰も300g/1㎡程度施し、30cm位下までよく混ぜて下さい。
 ・植え付ける場所を周りより、高く盛り上げて植え、溝を切って、水が流れ出るようにすれば、
  さらに望ましいです。
 ・緩効性の肥料を与えて下さい。
 ・初夏の開花が終わったら、花がらを速やかに取り除いて下さい(花穂にその下の葉を1対付けて切り取る)。
 ・夏を越して、9月頃から秋の開花が始まります。
 ・11月~12月頃、花が終わるので、花がらを取り除いて下さい。
 ・翌年2月頃に、下から20cm位を残して、切り戻してください。その時に、枯れた葉も除去して下さい。
 ・3~4月頃、新芽が動き始め、初夏にまた開花します。

長崎県花き振興協議会
http://www.n-nourin.jp/oh/kakikyou/home.htm

http://www.n-nourin.jp/oh/kakikyou/menu/rabenndasyukai.html



ラベンダーパーク多可
http://www.lavender-park.jp/index.html
スポンサーサイト
  1. 2009/05/17(日) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<洋蘭用にラックを購入しました | ホーム | カミソリを購入>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoanthony.blog2.fc2.com/tb.php/1615-1ef87e24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。