癒し 写真 音楽 季節

季節の中で ~ 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary ~
2002年からデジタル写真に音楽や詩、またFlashやJavaなどを組合せて、癒しを表現してきました。 自然と接して日々感じたことや撮影写真のことなどを綴って行きたいと思います。
2004.06.04~/ 現在の閲覧者数: 【MY BLOG TOP】【RSS】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

庭の梅71個で 梅シロップ作り

 以下のサイトを参考にしました。
http://www.minabe.net/umelife/index.html

 10日程でできるんですね。
砂糖を早く溶かすのがポイントのようです。
ガラス容器をガス給湯器の最高温度で低温殺菌です。
更に、ガラス容器を逆さまにして、直接ガスコンロにかけて、小さな火で暖めて高温にもしてみました。
梅もよく洗って、偶然ですがそのまま6時間程度は浸けておきました。
後で分かりましたが、アクを取るのに良いそうです。

 砂糖は、三温糖にし、1kg(198円)を2袋ということで、2kg用意しました。
後で分かりましたが、梅と砂糖の比率は1:1ということでしたが、使用した砂糖は1kgと少しです。
梅の重量は計っていませんでしたが、砂糖と梅を交互に入れていきました。
最上層の梅が露出しないように砂糖で覆いました。
蓋をして冷暗所で保管しました(6/14)。

 フォークを使って梅の表面に細かな穴を開けた効果のためか、翌日6/15(月曜日)には底から7cm程度、梅のエキスが出て、三温糖と溶け合って、梅シロップになっていました。
三温糖と梅が交互になった層は、その上に9cm程度残っていました。
6/16(火曜日)には、三温糖が全て溶けて、早くも梅エキスで一杯になり、梅シロップらしくなっていました。

 毎晩、揺すったり混ぜたりしていましたが、6/18(木曜日)から表面に泡が目立ち始めました。
蓋を暫く開けていると、泡が少なくなります。

 6/21(日曜日)には、水で薄めて母と私で飲んでみましたが、梅の香りと甘酸っぱさのする爽やかな感じで一杯になりました。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/14(日) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ラベンダーのその後 | ホーム | スタシアP VISA 2009年6月10日のお支払明細>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoanthony.blog2.fc2.com/tb.php/1623-c2732372
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。