癒し 写真 音楽 季節

季節の中で ~ 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary ~
2002年からデジタル写真に音楽や詩、またFlashやJavaなどを組合せて、癒しを表現してきました。 自然と接して日々感じたことや撮影写真のことなどを綴って行きたいと思います。
2004.06.04~/ 現在の閲覧者数: 【MY BLOG TOP】【RSS】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

デジタル一眼レフ 撮像素子のこと

 デジタル一眼レフカメラのことを調べていて、撮像素子の大きさとレンズの関係が少し分かってきました。

 35mmフルサイズの撮像素子を使用したものは、プロ用のコダックキヤノンなどの高級機に限られます。
ほとんどのデジタル一眼レフカメラの撮像素子は、APS-Cサイズ相当です。
フィルム一眼レフのレンズ資産がある方は、本当は35mmフルサイズの撮像素子を理想とされてるんですね。
ボケ味、広角レンズを活かした構図やパースペクティブの効果などが、35mmフィルムカメラと同じ感覚で表現できます。
 APS-Cサイズ相当の撮像素子では、同じレンズを使用しても撮影画角が異なるのも分かってきました。
広角側レンズを持っていても、本来の広角写真が撮れなくてもったいないですね。
反対に望遠側は、より望遠になるんですね。

 フルサイズの撮像素子の量産性や画素数の巨大化に伴うメモリーや処理速度の問題など・・・用途のことはありますが、課題は多いですね。
当たり前かもしれませんが、各社、究極は中級機や普及機でフルサイズなのかと思いました。
オリンパスはフォーサーズなどもE-1で提案されていますが・・・。
ゴミの問題も含め、昨日書いたようにオリンパスの開発姿勢にも共感を覚えます。
キヤノンなど各社も完璧は難しいですが、初心者のためにもゴミ対策などにも力を入れて欲しいなと思います。

 今日は寺町の静寂です。

20041125014946.jpg
スポンサーサイト
  1. 2004/09/20(月) 01:40:08|
  2. デジタル一眼レフカメラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<米キヤノン EOS1Ds MarkⅡ発表! フルサイズ 16.7M | ホーム | キヤノンEOS20Dを触ってきました^^>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoanthony.blog2.fc2.com/tb.php/171-9e39879b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。