癒し 写真 音楽 季節

季節の中で ~ 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary ~
2002年からデジタル写真に音楽や詩、またFlashやJavaなどを組合せて、癒しを表現してきました。 自然と接して日々感じたことや撮影写真のことなどを綴って行きたいと思います。
2004.06.04~/ 現在の閲覧者数: 【MY BLOG TOP】【RSS】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「水木しげる米寿記念 ゲゲゲ展」に立ち寄ってきました

 とても人が多く、その人気の高さが伺えました。

 「ゲゲゲの鬼太郎」の原作者、漫画家水木しげるさんは、紙芝居、貸本漫画、少年誌の連載など、多くの作品を作り出す一方で、妖怪研究家としても知られています。
どんな時代も好きなマンガを描き続けるというマイペースな生き方、そして魅力的な妖怪たちが登場する数々の作品。それらから垣間見える人生観・世界観は、私たちが忘れかけていた大切なものを思い出させてくれます。
本展では、代表作「河童の三平」「悪魔くん」「ゲゲゲの鬼太郎」を中心に、初期のものから最新の書き下ろしまで約100点の原画を一堂に展示されていました。
水木夫妻を描いたNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」やアニメーションの鬼太郎も紹介されていました。
作品の中に凝縮された独特の気配とともに、水木流“妖怪とともにある幸せ”を感じ取れました。

--------------------------------------------------------------------------------

主催:NHKサービスセンター 特別協力:水木プロダクション 企画協力:渋谷出版企画
協力:東映アニメーション 企画制作:きさらぎ妖怪舎

2010年8月25日(水)→31日(火) 8階催場 <最終日は午後4時まで>

入場料(税込):一般500円/学生300円

※小学生以下無料

「ここに60年の歴史あり!見ごたえたっぷりなのだ」

『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』 『悪魔くん』など

貴重な原画約100点を大公開

「境港の水木しげるロードを歩いてる気分じゃ!」

妖怪ブロンズ像約20体が集合

「一反もめんかき氷、わしも食べてみたいのぅ~」

東京の新名所!深大寺の『鬼太郎茶屋』が登場

「会場でしか買えない限定品は早い者勝ちじゃ!」

約500点のキャラクターグッズを販売

「読めば読むほど、涼しくなる?!」

水木本が並ぶ『ゲゲゲ書房』開店
スポンサーサイト
  1. 2010/08/30(月) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<冷凍冷蔵庫の扉に何室かを表示^^ | ホーム | 4ヶ月ぶりに母の通院に付き添い>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoanthony.blog2.fc2.com/tb.php/1778-cad401e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。