癒し 写真 音楽 季節

季節の中で ~ 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary ~
2002年からデジタル写真に音楽や詩、またFlashやJavaなどを組合せて、癒しを表現してきました。 自然と接して日々感じたことや撮影写真のことなどを綴って行きたいと思います。
2004.06.04~/ 現在の閲覧者数: 【MY BLOG TOP】【RSS】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

初めての山茶花(さざんか、サザンカ)

★人気の写真blogランキングへ・・・★ 私も風景・自然分野の写真プログとして毎日、更新して紹介しています!

IMGP6625.jpg

 今週に入っても、朝、母がお味噌汁を作り続けてくれています。
かなり母の持続力もついてきたように思います。

 ところで、ずーっと前から、山茶花(さざんか、サザンカ)が咲いていますが、なぜか、被写体として、これまで撮ったことがありませんでした。
今回は、このように、光があたって、綺麗に見えました。
食わず嫌いはいけませんね。

 今夜は、クリームシチューを作りました。
これで、3回目でしょうか。
自分でも、美味しく作れていると思います。
長いもを短冊にして、その上に、かつおのタタキをのせて、かおりの蔵をかけて食べました。

 家電製品総合アドバイザーの勉強ですが、「販売・サービス上のCSポイント」を読んでいました。

【山茶花(さざんか、サザンカ)の特長】
1.原種:日本
2.学名:カメリア属で、カメリア・サザンカ
  カメリア(Camellia)は、17世紀のチェコスロバキアの 宣教師「Kamell カメル」さんの名に因む。
3.原産:西日本西部が原産で、九州や西南地方にある。
  江戸時代に長崎の出島のオランダ商館に来ていた医師ツンベルクさんがヨーロッパに持ち帰り、西欧で広まる。
4.開花時期:秋から冬咲き
  寒椿とは、葉っぱも花も開花時期もほぼ同じで、なかなか見分けがつかず、背丈でおおよそ区別ができる。
  寒椿の中でも背の高い「獅子頭」などとはなかなか区別し難い。
5.耐寒性:椿よりも寒さに弱い。
6.名前の由来:
  中国では山茶花は椿属の一種であり、茶は薬用として用いられ、
  そのお茶に似て、山に自生している木を中国では山茶花と言う。
  椿(つばき)の漢名(中国名)「山茶花」が、いつの頃からかこのさざんか(サザンカ)の名前として間違って定着した。
  読みは「山茶花(さんさか)」
      →「茶山花(ささんか)」
      →「さざんか」というぐあいに変化したらしい。
  上記から、「山茶花」の漢字名も本当は誤用。
7.匂い:あるものもある。
8.花の咲き方:葉の表側に付き、小さくても目立つ。
  また、幹や枝は、椿よりずっと細そりしており、葉も小さい。
9.花の散り方:パラパラと花びらが散る。
10.花びらと雄しべ:離れている。
11.花言葉:困難に打ち勝つ、ひたむきさ

【椿(つばき、ツバキ)の特長】
1.原種:日本
2.学名:カメリア属で、カメリア・ジャポニカ
3.原産:
4.開花時期:春
5.耐寒性:山茶花よりも寒さに強い。
6.名前の由来:
  「艶葉木(つやばき)」から転化して「つばき」となる。
  藪椿(やぶつばき、ヤブツバキ)が元になる。
  現在では一重咲、八重、洋種、香り椿と多種。
7.匂い:匂いがないものだったが、現在は改良されて匂いがあるものもある。
8.花の咲き方:葉の裏側に隠れたように咲く。
9.花の散り方:花が終わる時には、ポトッと首から落ちる。
  このことが斬首刑を連想するのか,武士は椿の花を嫌ったそう。
10.花びらと雄しべ:基部でくっついている。

IMGP6801.jpg


この山茶花(さざんか、サザンカ)?」の写真を気に入って頂けたら、ここを押して投票してね^^ 見て頂いて本当に感謝です^^
この写真に1日1回のClickで、応援を^^
スポンサーサイト
  1. 2006/02/06(月) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<2006年2月7日(火)のストックス | ホーム | 2006年2月6日(月)のストックス >>

コメント

RE:ご無沙汰しております<(_ _)>

キャサリン♪さま

こちらのほうこそ、ご無沙汰しています。
覗いて頂き、ありがとうございました。

家の庭に植えているのも、椿です。
山茶花と椿の違いですが、あらためて、ネットなどで調べて、整理したものを記事に追加致しました。
特に、花の咲き方、花の散り方、花びらと雄しべの位置関係、幹や枝の太さなどに違いがあるんですね。

母のことも、言葉をかけて頂き、ありがとうございます。
のんびりと生きています。
言葉のリハビリの一環として、日記もそろそろ書いてみてくれるといいのですが。
暖かくなると、もう少し、外に連れ出してあげようと思っています。
  1. 2006/02/08(水) 06:07:27 |
  2. URL |
  3. まこ mako #.17RNwB.
  4. [ 編集]

ご無沙汰しております<(_ _)>

うちのは椿だと思うのですが、山茶花と椿はどこが違うのでしょうね・・・

このたびはお母様のご入院大変でしたね
精一杯の献身的な介護のご様子が伝わります
日々良くなってこられる御様子で、一安心でしょうか
makoさまも、ご無理の出ませんようになさってくださいませ
  1. 2006/02/07(火) 19:46:11 |
  2. URL |
  3. キャサリン♪ #ncVW9ZjY
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoanthony.blog2.fc2.com/tb.php/712-d0e36880
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。