癒し 写真 音楽 季節

季節の中で ~ 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary ~
2002年からデジタル写真に音楽や詩、またFlashやJavaなどを組合せて、癒しを表現してきました。 自然と接して日々感じたことや撮影写真のことなどを綴って行きたいと思います。
2004.06.04~/ 現在の閲覧者数: 【MY BLOG TOP】【RSS】

コンパクトデジカメの新製品

★人気の写真blogランキングへ・・・★ 私も風景・自然分野の写真プログとして毎日、更新して紹介しています!

IMGP6687.jpg

 今期、コンパクトデジカメを会社で購入の予定で、残り1ヶ月少しになってきました。
少なくとも広角28mm対応機でマクロ2cm位、コンパクトなものを探し続けています。
電池も充電池の方がいいです。

■広角とマクロ
・リコー Caplio R4
 ニュースリリース(Caplio R4、英文)
 英Ricoh、600万画素CCDの手ブレ補正機「Caplio R4」
 リコー、手ブレ補正機能搭載のコンパクト機『Caplio R4』を発表[英文](LetsGoDigital)
 広角28mmとマクロ1cmでは、最有力です。 
 R3のレンズカバーの故障などが、どう改良されているかです。
 R3の何度かのファームウェアアップで、性能は改善されていると思います。
 R3の購入を見送りましたが、短命でしたね。
 撮像素子が有効513万画素から604万画素へ。
 Caplio R3と同じく、CCDシフト式の手ブレ補正機構を搭載。
 焦点距離28~200mm(35mm判換算)。
 光学7.1倍ズームレンズ。
 液晶モニターは15万画素の2.5型。
 カメラを動かすことなく測距位置を変更できる「AF Target Selection」。
 レリーズタイムラグは0.09秒。
 撮影間隔は0.5秒。
 起動時間は1.1秒。
 R3と同等の高速性能。
 重量は135g。

■マクロ
・キヤノン PowerShot S3 IS
 米キヤノン、手ブレ補正機能搭載の12倍ズームレンズ機『PowerShot S3 IS』を発売[英文]
 マクロモードでは広角端で10cm、スーパーマクロモードでは0cm。
 CCDが1/2.5型600万画素。
 ISO800での撮影が可能。
 バリアングルタイプのTFT液晶モニター2型11.5万画素に大型化。
 低温ポリシリコンTFT液晶によるEVFを搭載。
 プログラムAEのほか、シャッタースピード優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出も可能。
 アスペクト比16:9の画像を撮影するモードも搭載。
 640×480ピクセル/30fpsと320×240ピクセルで60fpsでの動画記録も可能。
 動画記録中に静止画を撮影する機能もある。
 記録媒体はSDメモリーカード/MMC。
 単三ニッケル水素充電池×4。
 電池と記録媒体を含まない重量は410g。

・キヤノン PowerShot A700
 製品情報(PowerShot A700、英文)
 米Canon、ISO800で撮影できる「PowerShot」新モデル
 マクロ1cm。
 35mm判換算の焦点距離は35~210mm。
 開放F値はF2.8~4.8。
 光学6倍ズーム。
 ニッケル水素充電池で400枚の撮影。
 1/2.5型有効600万画素CCD。
 11.5万画素の2.5型液晶モニター。
 記録メディアはSDメモリーカード、またはMMC。
 重量は200g(本体のみ)。

・ペンタックス Optio W10
 プレスリリース
 製品紹介
 ペンタックス、顔認識AF&AE搭載の防水デジカメ「Optio W10」
 マクロ1cm。
 水深1.5Mで30分間の水中撮影機能。
 背面の液晶モニターを2型から2.5型に大型化。 
 特定のモードで「顔認識AF&AE」を利用可能。 
 ISO800での記録解像度も、今回はフル解像度で記録可。
 液晶モニターは、2.5型約11.5万画素の微反射タイプ。
 カバー表面に反射防止(ノングレア)処理。
 日差しの強い屋外でも高視認性。
 OKボタン長押しで時計を液晶モニターに表示する「スタイルウォッチ機能」も継続採用。
 最大320×240ピクセルだった動画機能は、最大640×480ピクセル、約30fpsでの記録が可能。
 Optio S6と同様「動画手ぶれ補正」も搭載。
 形式はMotion JPEG。
 「ポートレート」、「セルフポートレート」、「美肌」の各撮影モードでは、人物の顔を検出してAFをあわせる「顔認識AF&AE」機能を利用可。
 W10では検出した顔に露出も合わせる。
 本体デザインも若干変化し、金属製の指かかりを装備。
 従来、防水機構のため重かったボタン類は、軽い力で押し込み可。
 重量は140g(本体のみ)、155g(電池、SDメモリーカード搭載時)。
 細かい点では、これまで電源OFFで不可能になった「削除復活機能」が変更になり、削除した画像の復活が電源OFF後にも可能。
 本体内にダウンロードして使用していたフレーム画像を、SDメモリーカードに保存する方法に変更。
 データ形式自体は従来のファイルを使用可。
 再生モードでズームレバーをワイド側に入れ続けると、日付ごとにサムネイルを並べるカレンダー表示が可能。
 CCDは1/2.5型有効600万画素。
 ISOオートでISO400までの増感を行い、ISO800は任意に設定可。
 レンズは38~114mm相当(35mm判換算)。
 F3.3~4の光学3倍ズーム。 
 9群11枚の屈曲系レンズを採用し、片面非球面1枚、両面非球面2枚を使用。
 最短撮影距離は0.4M(通常撮影)、0.01M(マクロ望遠端、MF時)。
 光学部品を見直しにより、解像力を向上。
 記録メディアはSDメモリーカード。
 約10.5MBの内蔵メモリ。
 電源はWPiと同じくリチウムイオン充電池の「D-LI8」。
 撮影枚数はCIPA規格基準で約240枚。

■広角
 マクロが必須ですから、広角の新製品がありますが残念です。
 ・松下、広角端28mmの手ブレ補正コンパクト「LUMIX DMC-FX01」
  35mm判換算焦点距離28~102mmの広角ズームを搭載。
  ISO800~1600での高感度撮影。
  848×460ピクセルで30fpsでのワイド動画撮影。
  カメラを頭上に構えた際に下から液晶モニターを見やすくする「ハイアングルモード」。
  画素混合により暗所で液晶モニターを見やすくする高感度表示。
  CIPA準拠の撮影可能枚数がFX9の約270枚から約320枚に増加。
  撮像素子は有効600万画素の1/2.5型CCD。
  最大2,816×1,880ピクセルでアスペクト比3:2。
  最大2,816×1,584ピクセルでアスペクト比16:9の撮影も可能。
  記録形式はJPEG。
  レンズは光学3.6倍ズームのLEICA DC VARIO-ELMARIT。
  非球面レンズ4枚を含む6群7枚で構成。
  開放F値はF2.8~5.6。
  最短撮影距離は通常50cm、マクロモードで広角端5cm、望遠端30cm。
  液晶モニターは2.5型(20.7万画素)の低温ポリシリコンTFT液晶。
  記録媒体はSDメモリーカード/MMC(MMCは静止画のみ対応)。
  電源はリチウムイオン充電池。
  充電池とメモリカードを含む重量は約160g。
 
 ・コダック、二眼デジカメ「V570」
  2組の屈曲光学系レンズとCCDを薄型ボディに搭載したデュアルレンズデジタルカメラ。
  1つは35mm判換算焦点距離23mmの超広角レンズ、
  1つは同焦点距離39~117mmの光学ズームレンで、
  23~117mmの画角をカバー。

 今日も、帰宅途中にスーパー2軒に寄って、週末に備え、食料品を買い込みました。

この写真を気に入って頂けたら、ここを押して投票してね^^ 見て頂いて本当に感謝です^^
この写真に1日1回のClickで、応援を^^
スポンサーサイト
  1. 2006/02/23(木) 23:59:59|
  2. 癒しの写真|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<2006年2月24日(金)のストックス | ホーム | 2006年2月23日(木)のストックス >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makoanthony.blog2.fc2.com/tb.php/747-5865a23c

RICOHCaplioR4最新価格掲示板光学7.1倍ズームレンズ&手ブレ補正機...

7.1倍ズーム(28~200mm)・手ブレ補正機能搭載の小型デジタルカメラを604万画素化RICOHCaplioR4 のお買い物へ 株式会社リコー(社長執行役員:桜井正光)は、コンパクトボディにクラス最大※の光学7.1倍(35mm判カメラ換算で28mm~200mm)広角・高倍率ズームと手ブレ補..
  1. 2006/03/06(月) 15:32:52 |
  2. 家電逸品